JTB 豪政府観光局と共同マーケティング開始

JTB(東京都品川区)は14日、オーストラリア政府観光局と旅行マーケティングやプロモーション活動を共同で開始することを明らかにした。団体旅行やMICE、教育旅行などさまざまな分野でオーストラリアへの渡航者を拡大させるよう共同でマーケティング活動を実施する。

期間は2018年4月~19年3月まで。海外旅行マーケットにおけるオーストラリアの認知度を拡大し、団体・個人累計総客数で17年度比120%となる8万人を目指す。

オーストラリアは数多くのユニークべニューを保有することから、MICE開催件数も多い。18年には404件が開催されており、政府観光局では誘致に向けたイベントを主催するなどPRに注力している。

一方、日本からオーストラリアへの航空路線では座席供給数や便数が拡大傾向にあり、今年8月にはカンダス航空による東京・ダーウィン間直行便が設定されるなどインフラも整備が進む。JTBはこうしたオーストラリア渡航に向けた追い風を生かし、渡航者数の増加につなげたい構えだ。


おすすめ記事

観光産業~訪日インバウンド 7割がアジア

国際会議開催数、過去最多に

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る