▲ロケ地の一つ「大阪城公園」

ロケ地巡りで大阪を堪能して

観光案内所など150カ所で5万部配布

(公財)大阪観光局(大阪市)は、9日に公開される映画「マンハント」のロケ地を紹介する「大阪府下ロケ地マップ」を、大阪観光案内所や難波観光案内所など約150カ所で配布する。

中之島周辺や堺、天王寺など映画を撮影したロケ地10カ所を、撮影風景などを交えて紹介するもので、5万部を配布する予定となっている。

映画は俳優の福山雅治さんが主演を務めるアクション作品で、大阪が舞台の一つ。2016年6~10月にかけて府・市協力のもと撮影が行われた。パンフレットには日本語・英語・中国語・韓国語でロケ地の名称や解説が記載されており、映画を鑑賞したファンの府内観光を促進させる狙いがある。

大阪観光局ではこのほかにも、映画やドラマのロケ地となった場所を紹介するサイト「ロケ地を巡る、大阪まち歩き」などで各作品のロケ地をコース仕立てで紹介しており、観光名所や飲食店、町並みを堪能できるようになっている。
大阪観光局は「紹介しているロケ地は誰もが知る大阪のシンボルマークから、府民でも知らないようなひっそりした場所までさまざま。普段なら観光客が行くようなところではないのだが、映画のファンにとっては堪らない観光スポットになる。大阪の盛り上がりにつながってくれればいいと思う」とコメントした。


p1050331 国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平
2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。


おすすめ記事

観光客誘致で過熱するスポーツツーリズム

いすみ市撮影ロケ地としてアピール

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る