変わるCES 今年の目玉はドローン・タクシー

▲会場の様子。家電以外の出展も多い

変わるCES 今年の目玉はドローン・タクシー

世界最大級の家電見本市「CES」が9~12日、ラスベガスで開催された。約4000社が出展し、18万人が来場する国際展示会で、パナソニックやオムロンなど日本企業も多数参加した。従来は家電をメインに扱うCESだったが、近年はドローンや自動車関連技術などIT技術の総合展へと変化を見せている。

例年は最新テレビなどの展示をおこなってきたパナソニックだが、今年はメインブースでは家電製品の展示をほとんど実施せず、車載システムを大々的に展示。「近年は自動車メーカーの出展も増えており、もはやコンシューマー向けの展示会という印象がなくなってきている。そうした変化に合わせて、パナソニックグループで開発するさまざまな技術や製品をアピールする場にしたいと考えている」と同社は語る。

そうした変化を如実に示すように注目を浴びたのが、基調講演でインテルが実施した有人ドローンの飛行デモだ。ドローンはドイツのボロコプター社が開発するもので、パイロットなしで飛行運転が可能。
タクシーのように客を目的地まで運ぶことが可能だといい、30分程度の飛行が可能だという。こうした有人ドローンは「eVTOL(イーブイ・トール)」と呼ばれ、ボロコプター社以外にも数社が今回のCESに出展した。いずれも実用化には数年がかかるというが、自動車に代わる新たな移動手段として注目されている。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る