▲インバウンド・アウトバウンドを狙う企業に向けた言語サービスのみに特化した展示会

主催は施工会社46社が出展

インバウンド・アウトバウンド産業に向けた言語サービスの専門展「ランゲージ・ビジネス・ジャパン2017」が13~14日、池袋サンシャインシティ文化会館で開催された。イベント企画・運営はグリーンリビング(東京都台東区)で、46社が出展、2042人が来場した。

同展はインバウンド産業に向けた訪日外国人対応向け言語サービスと、海外進出の支援につながる言語サービスのみに特化した展示会で、今回が初開催。

主催したグリーンリビングの俵大輔氏は「日本で少子化が進む中、海外からの顧客を取りたいとか、海外へ展開したいという要望が増えている。一方で、日本人は相変わらず英語が上手でないことから、このイベントを思いついた」と語る。同社の本業はイベントでのディスプレイの施工だ。展示会を主催するのは初だという。「『グローバルビジネス支援』と『インバウンド言語支援』というキーワードでネット検索し、手当たり次第に連絡を取って出展者を集めた」と俵氏は語る。

来場者は製造業者やメーカー、自治体が多かった。インバウンド関連、卸、イベントの担当者が最新のサービスに足を止めた。出展したオイラ(東京都千代田区)は、通訳者とのマッチングアプリを展示した。英語やドイツ語、スペイン語などに対応し、リアルタイムで通訳も可能だという。通訳開始から1分間は無料で、その後は時間に応じて課金する必要がある。掲示板を通じて通訳者の予約を行うことも可能で、150種の専門分野から通訳者を選ぶことも可能だという。

 

同社のコチュ・オヤ社長は「展示会に出展するのは初めて。言語支援に特化した展示会は他に聞いたことがなかったので、出展を決めた」と語った。カシオ計算機(同渋谷区)は旺文社、毎日新聞社と共同で3月から実施している「英語応対能力検定」をPRした。販売・宿泊など6つの業種にわかれる検定で、PCやスマホから受験が可能だという。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る