工作機械や金属機械などの機械専門展「マニファクチャリング・インドネシア2017」が6~9日、ジャカルタ国際展示場で開催された。東南アジア各国のメーカーやバイヤーなどが来場する展示会で、今回で28回目の開催となる。日本からも多数の中小企業が出展した。東京都は都内のものづくり企業16社の出展を支援した。今回で5回目の取り組みで、前回の8社から2倍に増えた。またジェトロでもジャパン・パビリオンを構え、全国の中小企業44社を出展させた。ほかにも、名古屋市や愛媛県、和歌山県などが同展への出展を支援し、現地の来場者の注目を集めた。昨年は2073社が出展、3万1580人が来場していた。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

全国賃貸住宅新聞社

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る