われらイベント人【Recoreator 相馬翔社長】

顧客増で新たな悩みが浮上

「最近、コンサルを依頼されるようになってきた」と話すのは、住宅地で宿泊業を行う「民泊」の情報サイトを運営するRecoreator(東京都港区)の相馬翔社長。情報サイトの運営を通じて民泊の動向に精通したことがきっかけで、民泊をはじめたい家主からの相談が殺到しているという。悩みの種は、法律に疎い相談者が多いこと。「民泊は今のところごく限られた地域でしかできないのだが、それを知らない家主も多い。法的にできないとわかっていながら相談に来るものもいるので、たちが悪い」とため息を漏らす。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る