▲苫小牧市への提出案は自然との調和を打ち出した

苫小牧と大阪に事業案提出 

米IR大手シザーズ

米国ラスベガスに本社を置くIR大手のシーザーズ・エンターテインメント(日本法人:東京都港区)が、苫小牧と大阪に対し、IR事業案を提出した。
苫小牧市への提出ではグランピングや温泉庭園を備え、自然との調和やエコを打ち出した。MICE部分については、結婚式、展示会、スポーツイベントなどサイズの異なるあらゆるイベントに対応する複数施設を並列させる内容となっている。市では2つのIR候補地を選定しているが、シーザーズが提出したのは新千歳空港に近い植苗地区に対するものだけだった。

トータルウェルネス 生きがい

▲大阪への提出案のテーマは「トータル・ウェルネス(生きがい)」

 

大阪に対する提案では、大阪万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」や、関西地区としてライフサイエンス分野への投資を掲げていることを受け、「トータル・ウェルネス(生きがい)」を打ち出した。

両都市への提案内容は、政府がIRに求める日本らしさと周辺地域の観光資源のショーケースという役割を反映しようとする同社の姿勢が現れている。シーザーズでは大阪、苫小牧の他に横浜への提出案もすでに検討しており、その他のIR誘致を表明する都市に対しても会合を重ねているという。


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る