自動車技術会が学術会開催 技術者ら2434人が参加

満員の会場

▲技術者ら約2400人が参加した

自動車技術会が学術会開催 技術者ら2434人が参加

自動車メーカーなどの技術者が参加する(公社)自動車技術会(東京都千代田区)は10月11~13日、グランキューブ大阪(大阪市)で学術講演会を開催し、2434人が参加した。自動車製造にかかわる最新の研究成果を発表する場として5年に1度開催されているもので、前回より約50件多い347講演が実施された。

自動車メーカー各社が自動運転技術の開発に力を注ぐ中、立教大学の芳賀繁教授は「心理学からみた安全技術と自動走行」をテーマに講演をおこなった。自動走行がドライバーや道路利用者に与える心理的影響を分析し、さまざまな誘発的行動を考慮すべきだと提言した。
会場では産学連携企画として自動車整備士の専門学校「ホンダテクニカルカレッジ関西」(大阪狭山市)が車両展示をおこなうほか、24研究団体が研究成果の展示をおこなった。 自動車技術会は1947年に設立された学術団体で、現在は4万名超の会員が参加する国内最大級の学術団体となっている。毎年、研究技術を発表する学術会であり、企業との商談会でもあるイベント「人とくるまのテクノロジー展」を横浜と名古屋で開催しており、今年は2会場・計6日間で約14万人が来場していた。

▲6月に開催された「人と車のテクノロジー展・名古屋」約4万人が来場した

▲6月に開催された「人と車のテクノロジー展・名古屋」約4万人が来場した

次回は2018年5月23~25日にパシフィコ横浜で開催する予定

 


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る