国際食品展に日本企業43が出展

▲26~29日にマレーシア・クアラルンプールで開かれる

マレーシアへの販路拡大狙う

26~29日にマレーシア・クアラルンプールで開かれる国際食品見本市「FHM2017(フード・アンド・ホテル・マレーシア)」に、日本企業43社が出展する。

生鮮食品や加工食品、菓子や酒などを取り扱う全国の中小企業がメーンで、海外への販路拡大につなげる狙いだ。

マレーシアは日本の農林水産物・食品の輸出先として第13位につけている。2016年の輸出額は73億円にのぼり、特に菓子類は現地の子どもが安心して食べられると好評だという。

フード・アンドホテル・マレーシアは2年に1度開催される飲食製品、フードサービスに関する展示会。15年開催時には50カ国から1200社が出展し、2万2759人が来場していた。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る