▲会場で煮込んだこんにゃくを販売した山形の「樽下宿丹野こんにゃく」

東北6県の地域物産展が出展する「東北展」が13~15日、日本橋高島屋で開催された。7回目の開催となる今年は40社が出展した。昨年よりも敷地が縮小されたため、高島屋では売り上げ目標を下げていたが、会期を通じて昨年よりも5%の売り上げ増となった。同じフロアの催し物会場で「浅田真央展」が開催されたことが大きく影響したようだ。

初回から出展しているという樽下宿丹野こんにゃく(山形県上山市)は、会場内で煮込んだこんにゃくを販売した。「毎年来てくれるお客さんが、今年も来店してくれた」(スタッフ)。また、輪箱飯(わっぱめし)を販売した田季野(福島県会津市)は、「真央ちゃん効果で、例年よりもお客さんが多い」と喜んでいた。


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. ▲ラスベガスに本社を置くMGMリゾーツの日本法人CEOのエド・バワーズ氏は、「日本人の考え方と合わないIRが政府に承認されることはない」と考える

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る