故人をしのぶお別れ会

▲故人の好きな料理を選び、同窓会のような雰囲気になることが多い

葬儀の少人数化で需要増

仕出し業のシービーサービス(東京都墨田区)は、故人をしのぶ「お別れ会」の運営サービスを1年前に始めた。

お別れ会は、葬儀からしばらく時間をおき、故人と親交があった人に幅広く参加を呼びかける会だ。以前から芸能人や政治家など著名人の間では行われてきたが、葬儀が近親者のみで行う小規模なものが主流となる中、一般の需要も増え始めている。毎月、3件の依頼があるという。

5000円程度の予算で、100人前後の規模が多いが、20~300人までさまざまだ。所要時間は2時間程度。故人にちなんだ料理が振る舞われる。

会場を自由に決められるのも人気の要因のようだ。これまでに自宅以外にも故人の職業にちなんだ学校や劇場で行ったことがあるという。

上小路拓哉サブマネージャーは「葬儀と違って慣習や決まりに縛られず、葬儀のように厳かである必要がない。同窓会のような雰囲気の会が多い」と話している。

シービーサービス(東京都墨田区)上小路拓哉氏(30)

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る