東京三菱UFJ銀行 去年から男性も制服着用

▲昨年1月から東京三菱UFJ銀行でも、店頭業務の社員向けに制服が採用されている

社員向けに制服を採用する企業が増えている。制服メーカーのサンペックスイスト(東京都中央区)によれば、2011年頃から始まった潮流だというが、大手での流れを決定付けたのは、昨年1月、6年半ぶりにロビー・窓口業務従事者への制服着用を再開した東京三菱UFJ銀行だ。業務従事者に対しては女性だけでなく、男性行員にも制服は用意される。 

広報部によると、店頭に統一感を持たせることを目的にはじめたということだが、社員からも「ON/OFFの切り替えができる」と好評ということだ。身だしなみもよくなったということで、しばらくは続くことになりそうだ。 

同社によれば、若い社員の方から制服支給を求める声が上がったため、導入した事例が多いという。最も縁遠そうなIT/WEBサービスのような企業からも問い合わせは多い。


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る