黒く変色した白木を新品同様にクリーニング

▲ダスキン(大阪府)宮本正彦氏

経年で黒く変色した白木を新品同様にクリーニングする技術をPRしたのが、ダスキン(大阪府)だ。同展では施行会社の加盟店を募集した。

今回出展した「白木クリーニング」は、住宅などの柱回りや玄関、壁面で使用されている白木の汚れを落とす技術だ。特殊な薬剤を噴き付けることで汚れを浮かび上がらせ、洗い落す。同技術を展示会で出品するのは今回が初だという。

同社の宮本正彦氏は「当社を知っていただいている方でも、白木クリーニングのことを知らない人は多い。壁紙や床は張り替えることができるが、柱回りの劣化を直すことができないというリフォーム会社がたくさんいた。実際にクリーニングした白木を見てもらうことで関心を持ってくれる方も多く、加盟に繋げたい」と語った。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る