(一社)日本能率協会(東京都千代田区)は11月15~17日に「Japan Home & Building Show」を東京ビッグサイトで開催する。「ふるさと建材・家具見本市」など5つの展示会に分かれる、住まいに関する建材、設備などが集まる展示会で、1200社2200小間の出展を予定しているという。

今回は「団地・マンションリノベーション総合展」と「景観・ランドスケープ総合展」の2展が新たに開催される。大規模集合住宅のリフォーム関連企業からの要望が相次いだことから、開催が決まったという。赤木しおり氏は「リフォーム会社やデザイン会社などの出展数が増えている。マンションの管理組合に向けた商品も増え、市場が活発化しているようだ」と話した。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る