▲日本の食をPRした山本有二農林水産省

山本農林水産相「技術の高さ見せたい」

日本貿易振興機構(ジェトロ・東京都港区)は19日、上海のホテルオークラで日本食をPRするイベントを実施し、山本有二農林水産相などがPRを行った。

出展したのは日本の米、水産物、菓子関連の食品メーカーなど7社。現地のレストラン関係者など150人が参加し、商談などを行った。

中国が日本に対する食品の輸入規制を設けていることから、規制に含まれていない米、水産物などの輸出を強化するために日本がイベントを企画した。会場では日本で作られた食品などを来場者に振る舞うなどし、PRした。

山本大臣はスピーチの中で「日本の奇麗な水で、高い技術で作られた食品の魅力を知ってもらいたい。今回は、特に米、魚、菓子となるが、一人でも多くの人に日本産食材のファンになってもらいたい」と話した。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. TGS2017
ページ上部へ戻る