世界に飛び出せ中小企業

東京都や商工会議所などが参画する産業交流展2016実行委員会は10月31日から3日間、中小企業による国内最大級のトレードショー『産業交流展2016』を開催した。情報・環境産業や医療福祉、機械産業など、多種多様な出展社が参加する中、日本ならではの技術を扱う『COOLJAPAN』ゾーンに、たくさんの来場者が足を止めた。

同ゾーンには、日本特有の加工技術を用いて制作された衣服や日本食のメーカー、アニメーションコンテンツを制作する企業ら数十社が出展した。東京都はアニメーション産業の振興と海外展開の促進を図るため、海外展開を目指す企業に対し出展支援などを行っている。関心を持つ多くの来場者が展示物に足を止めていた 。産業交流展2016には、3日間で延べ8万1516名が参加した。昨年開催時よりも3万人以上増加しており、全国の中小企業が持つ技術への注目の高さがうかがえる結果となった。

76-10-04p05

イベント概要をチェック

会 期:2016年10月31日(月)~11月2日(水)
時 間:10時~18時(最終日のみ17時まで)
会 場:東京国際展示場(東京ビッグサイト 東5・6・7・8ホール)
入場料:無料
主 催:産業交流展2016実行委員会

 


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る