海外バイヤー 昨年330人超 ツーリズムEXPOに合わせ開催

日本政府観光局(JNTO)が、海外の訪日旅行取扱会社と、日本の観光事業者を集める商談会「VISIT JAPANトラベル&MICEマート」を、9月21~23日に、東京ビッグサイトで開催する。国内参加希望者の受付が6月1日から始まる。昨年は募集開始日に申し込みの受付が終わった。

旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン」に合わせて行われるため、毎年、海外から多くの人が参加する。昨年は、観光業に従事する海外バイヤーが世界28カ国から334社、海外MICEバイヤーが12カ国から23社参加した。国内からは地方自治体、宿泊施設、旅行会社などを中心に400社が参加した。

初日の説明会が済むと、事前アポイント制による商談会が3日間続く。夜は参加者同士の懇親会が予定されている。国内参加者の費用は3日間で16万2000円だ。1日参加で4万3200円の枠もある。

また、商談会の翌日からは、国内の地方自治体がバイヤーたちを招致するファムトリップも企画される。現在、全国で12コースが発表されているが、今後さらに増加する可能性もあるという。昨年は269人の海外バイヤーと海外メディア関係者が参加した。


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 避難経路確認地図
  2. 東京ゲームショウ
ページ上部へ戻る