▲自民党の小泉進次郎衆議院議員も参加し、会場を回った

政治、相撲、歌舞伎…出展さまざま

動画投稿サイトなどを運営するドワンゴ(東京都中央区)は4月29~30日、幕張メッセ(千葉市)にて「ニコニコ超会議2017」を開催した。15万4601名が来場したほか、動画サイトなどでの生中継の視聴者は505万9967人にのぼった。

同イベントは動画投稿サイト「ニコニコ動画」を現実に再現することをコンセプトとし、企業のPRや大相撲・歌舞伎の巡業、アニメやゲーム関連の体験などさまざまなコンテンツが一堂に会する。近年は政党が出展し、来場した若者に向けて政治参加をアピールするなど、出展者の広がりも見せている。

政党としては自民、民進、公明の3党が出展したほか、小池百合子東京都知事も参加した。自民党からは小泉進次郎衆議院議員が参加し、政治参加の重要性を呼びかけた。また、民進党ブースでは蓮舫代表の国会追究を疑似体験できる「VR蓮舫」を展示し、親しみやすさをPRした。

ドワンゴは、こうしたニコニコ超会議の盛り上がりを全国各地に運び出す「町会議」を今年も実施する。動画サイトのユーザー開催場所を募り、各町の文化や特徴を打ち出す観光イベントとしてにぎわいを見せている。

昨年は滋賀県彦根市や大分市、徳島県美馬市など9地域で開催され、地元の学生などが参加するダンス企画などが行われた。今年の開催場所は未定で、現在開催地の募集を行っている。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る