ベンチャーに紛れて大手出展 VR技術をアピール

▲住友不動産の山本さん(右)と遠山一崇さん(左)

創業間もないベンチャー企業が中心となるイベント「slush Tokyo」に出展したのは、住友不動産(東京都新宿区)だ。新築ビルの内見を、インターネットからVR(仮想現実)を使ってできるサービスをはじめたのだという。

「VRをはじめ、先端技術の活用法を模索している。企業としてさまざまな取り組みをしているので、海外の起業家に見てもらいたい」と話すのは、ビル事業本部の山本朝美さんだ。同イベントの来場者の多くは、海外の投資家やベンチャーキャピタル、メディア。英語が飛び交う会場で、流ちょうに対応した。

数少ない大手企業の出展だったこともあり、思わず足を止める来場者も多かった。「不動産業はIT化が遅い」ともいわれるが、足元では着実に変化が起きているようだ。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る