現在進行形で拡大するドローンの可能性

▲ドローン専門ショップ、スカイリンク(京都市)の松林千早氏

ドローンに何ができるのか、それはサービスを提供する会社にとっても、見過ごせないものらしい。ドローン専門ショップ、スカイリンク(京都市)の松林千早は、「山道を空から赤外線カメラで撮影すると、獣道が浮かび上がることがわかった」と話す。ドローンに搭載した赤外線カメラの画像で、ごく最近判明したのだそうだ。

赤外線カメラが明らかにするのは表面の温度だ。獣道となった部分は踏みつぶされた分だけ地面の表面が固くなり、地熱の放出が抑えられる。そのため、周りよりも温度が高くなるというわけだ。

赤外線カメラに技術革新が起きたわけではなく、空から撮影したことがこれまでなかったのだ。温度の違いによって、明らかになるものが何かを突き止められれば、ドローンと赤外線カメラの組み合わせは、これまで分からなかった世界を明らかにする可能性を秘める。

ドローンの可能性は、「何を空に持っていくか」で広がるということだ。空での活躍を待ち続けている物が、身の回りにもありそうだ。


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る