▲「『生シャンプー』という新市場を開拓したい」と話す原由記執行役員

酸化防ぐ真空容器で成分強化

ノンシリコンシャンプー「レブール」を販売するジャパンゲートウェイ販売(東京都千代田区)が、4月10日、シリーズの一新を発表した。使い切りまで真空状態が保たれる包装の新技術により、髪に栄養を与えるオイル成分を従来品の1000倍増量し、蜂蜜やビタミンなども成分に含むことが可能になった。

これら成分が髪に良いことは以前から解っていたが、酸化に弱く、高温多湿の浴室環境に適さないため使用できなかった。新パッケージではフィルム容器にポンプを差し込んで使用するため、容器への詰め替え作業はない。開封から使い切りまで、中身が空気や人の手に触れる機会がなく、雑菌の繁殖を防ぐことができる。

使い切りしょうゆにヒントを得たもので、「生しょうゆ」ならぬ「生シャンプー」として展開するという。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る