スポーツビジネス関連企業の展示会

▲昨年は702社が出展し、4万6517人が来場した

リラクゼーション機器の専門展が新たに加わる

スポーツビジネスに関わる企業が集まる展示会「スポルテック2017」は、7月25~27日、東京ビッグサイトで開催する。9つの専門展示会の集合体となっており、フィットネスマシンやプログラムが並ぶフィットネス総合展、スポーツ施設の建築やリノベーション関連企業の専門展、スポーツウェアと用品の専門展、自宅で使用するホームヘルスケア用品の専門展、ゴルフ関連施設の専門展、スポーツイベントの専門展、食と健康をつなぐ専門展、リハビリ介護予防サービスの専門展に加え、ことしからリラクゼーション機器の専門展が新たに加わった。

昨年は702社が出展し、4万6517人が来場した。今年は床面積を3割拡大し、800社の出展を見込む。会場では日本最大のエアロビクスコンテスト「ダンスフィットネスコンテスト」が開催され、プロアマ総勢200人が参加する。優勝者には世界大会への出場権が与えられる。

また、ボディビル・フィットネス連盟も国内の頂点を決める公式大会を開催する。実行委員長には鹿屋体育大学の福永哲夫特任教授が就き、スポーツ関連団体のトップも名を連ねる。例年海外からの来場者も多く訪れる。

イベント名:SPORTEC2017
会   期: 7月25日(火)~27日(木)
会   場:東京ビッグサイト東1~3ホール
費   用:当日2000円
※事前登録者・招待券持参者は入場無料
※セミナー受講者は入場無料
※スポーツ業界関係者・マスコミは無料で専用招待券を配布

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る