河出書房新社 ブックフェアは社長も参加する一大イベント

1万7000冊を陳列

河出書房新社(東京都渋谷区)は自社で出版した1万7000冊の本をブックフェアに陳列した。ブースの作りは本屋さながら。老舗らしく、創業から年代順に代表的なタイトルの初版本を並べた。社員60人のうち、10人が会場に入れ替わり常駐し、接客にあたった。小野寺優社長も連日会場を訪れ来場者を迎えた。会社を挙げて参加するのは、ブックフェアが読者と直接触れ合える数少ない機会だからだ。

昨年のブックフェアでは1冊3800円の絵本が、60冊完売した。インドの芸術家ランパロス・ジャーが描いた「水の生きもの」という作品で、手すきの紙に一枚ずつシルクスクリーンで手刷りしたものを、職人が1冊ずつ製本した絵本だ。世界的な絵本のコンクールでも賞を獲得したが、当初書店での販売数は限定的だった。だが、熱心な絵本ファンに、支持されることを実感し、その後図書館などでの販売を伸ばした。「読者の反応を見ることができるのは、単純にうれしい」と担当の中山喬介氏は話した。

イベント概要をチェック

第23回 東京国際ブックフェア
会 期:2016年9月23日(金)~25日(日)
時 間:10時~17時
会 場:東京ビックサイト 西2ホール
入場料:無料 *要事前申し込み
主 催:東京国際ブックフェア実行委員会  リード エグジビション ジャパン株式会社

 


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る