(一社)日本ドゥ・イット・ユアセルフ(DIY)協会(東京都千代田区)はホームセンター業界の動向調査を発表した。2月の売り上げ高は前年同月比98・1%と微減となったが、店舗数と売り場面積は13年6カ月連続で増加する結果となった。

売り上げ減の要因としては、前年がうるう年だったことから1日分の日数差があったことと、祝日数が減少したことによる客数の伸び悩みが挙げられた。商品別では、灯油など一部の商品を除き、全体的に低調だったという。

ホームセンター業界では売上の伸び悩みが続いている。同協会が主要ホームセンター37社の売上高をまとめたところ、2016年度10~12月期は前年同期比0・8%増だった。

同協会はホームセンター業界の活性とDIY普及を目的とした展示会「JAPAN DIY HOMECENTER SHOW」を年に1度開催している。小売業や卸売業、製造業など多くの企業が参加し、昨年開催した際には487社1061小間が出展、3日間で延べ10万6966人が参加した。

今年は8月24~26日に幕張メッセ5~8ホールで開催する予定となっている。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る