主張でつながり、集まる人々

17日19時30分。国会議事堂前にプラカードを掲げた人だかりが生まれた。SEALDs系新団体の「未来のための公共」による決起集会だ。2500名(主催者発表)が参加した。

▼団体の参加者は幅広い世代にまたがる。発起人の一人である大学1年生の福井周さん。大学3年生の溝井萌子さん。NHKチーフプロデューサーの飯田能生氏。他にも、友人同士で学校帰りに立ち寄る学生から、夫婦で参加する高齢者など、皆、肩を寄せ合いながら列を成した。▼集会の呼びかけはツイッターで行った。告知についての投稿にはリツイートが3241件、「いいね」が1541件(24日現在)。主張のもとに集まる人々はネットを通じて繋がる時代へと変化した。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る