▲有機農法の重要性を熱弁する中村実代理事

「日本の女性は世界でもっともスキンケアにお金をかけているんです」と話すのは、(一社)オーガニックフォーラムジャパン(東京都中央区)の中村実代理事だ。昨年11月に初開催した「オーガニックライフスタイルEXPO」は193社・団体が出展、1万9790名が来場する大成功をおさめ、今年も7月29~30日に同展示会を開催予定だ。

中村理事が同展示会を開催した理由は、「オーガニックの正しい知識を広めたい」ことだ。近年、アトピー皮膚炎や肌のトラブルに悩む女性が増えていることから、世界的に自然化粧品の需要が高まっている。一方、日本ではオーガニック化粧品など製品数は増えているものの、有機農法はまだまだ浸透していない。こうした課題を解消するため、展示会の開催に踏み切ったと中村理事は語る。

「イベントを開くことで、オーガニック市場の拡大に役立ちたい。1回目のイベントには多数の人に集まってもらえたので、今後も活動を続けたい」


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る