▲1999年から毎年開催されている

国際バラとガーデニングショウ組織委員会(毎日新聞社/NHK/スポーツニッポン新聞社)は5月12~17日、「第19回国際バラとガーデニングショウ」をメットライフドーム(旧西武プリンスドーム)で開催する。

世界のバラと美しいガーデニングを紹介するイベントには世界各国の最新品種が集まり、ガーデンデザイナーによる新たな庭造りの提案や多くの作品が出展される。1999年から毎年開催されており、関係者の間では世界的にも珍しいイベントとして知られている。

毎回、その年のテーマに沿った企画が行われるシンボルゾーンでは、専門誌「New Roses」の玉置一裕編集長による、「世界の最新品種ベストテン」がおこなわれる。その他にも、ガーデニングに関わるコンテストなどが企画されている。

イベント名:第19回国際バラとガーデニングショウ
会   期:5月12日(金)~17日(水)
会   場:メットライフドーム(旧西武プリンスドーム)
費   用:前売券おとな(中学生以上)1,900円/当日券おとな(中学生以上)2,200円
      特別内覧会券、団体券(おとな名以上でご入場)有り


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 統合医療展のセミナーであふれる人だかりを避けて撮影に応じるUBMジャパンのクリストファー・イブ社長
ページ上部へ戻る