道外にアピールする限られた機会【自治体の出展戦略】北海道経済部産業振興局

 
  • 2020/4/20

北海道経済部産業振興局環境エネルギー室(札幌市)
@ ENEX

▲ 「北海道の企業にとって交通費や送料の負担は大きく、出展費を道が全額負担する」(福士裕紀展さん)

 北海道経済部産業振興局環境エネルギー室(札幌市)は、5年前からエネルギーの専門展示会「ENEX」に出展する。北海道の環境・エネルギー関連企業の販路拡大が目的。3年前からは16小間に16社前後が出展し、毎年、5社が新規出展する。北海道には太陽光、風力、地熱、バイオマスなど資源や自然環境があり、積雪寒冷地ならではの技術や製品が多数展示された。

 地中熱利用の技術も発達している。地中100mの温度は年間を通じて10~15度で安定しており、その熱を利用した融雪システムの技術を積み重ねたからだ。こうした地中熱や太陽光エネルギーを最大限に利用し環境配慮の省エネルギー建造物「ZEB(ゼロエネルギービル)」の建設も進み、都心部での活用も期待される。さらに実用面で注目を集めたのは、電気や水道を必要としないバイオトイレだ。オガクズが微生物を分解し、排泄物を無臭化するものだ。2週間使用できるため、避難所、介護、人里離れた山間部などで採用されている。

 展示会以外のプロモーションは道内が中心のため、全国から来場者が集まる「ENEX」に寄せる期待は大きい。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
技術の高さを伝えたい【自治体の出展戦略】新潟県三条商工会議所

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

今後の展示会おさらい

  1. 2020-2-15

    半導体市場は停滞から反転の兆しあり @SEMICON Japan

    展示会名:第43回 SEMICON Japan 会期:2019年12月11日(水)~13日(金) …
  2. 2020-3-31

    差別化商材探す個人店主 @ミートフードEXPO・焼肉ビジネスフェア

    展示会名:ミートフードEXPO・焼肉ビジネスフェア 2020 会期:2020年1月22日(水)・2…
  3. 2020-4-2

    不動産、民泊への関心高まる @資産運用EXPO

    展示会名:第3回 資産運用EXPO 会期:2020年1月23日(木)~25日(土) 会場:東京ビッ…
  4. 2020-12-27

    感染予防対策にも求められる効率化 @CareTEX 大阪

    展示会名:第5回 CareTEX(ケアテックス)大阪 2020 会期:2020年11月18日(水)…
  5. 2019-3-25

    海外バイヤー ニッチ食材にも注目 @ FOODEX JAPAN

    展示会名:FOODEX JAPAN(第44回 国際食品・飲料展) 会期:2019年3月5日(火)~…
今後1~3カ月に開催予定の展示会を過去記事で紹介しています。
ページ上部へ戻る