4日間で5万2000人が来場「ジャパンインターナショナルボートショー2017」

▲会場の様子

女性入場無料で顧客開拓

(一社)日本マリン事業協会(東京都中央区)は2~5日、パシフィコ横浜で「ジャパンインターナショナルボートショー2017」を開催した。4日間で約5万2000人が来場し、水上オートバイやスモールボート、カヤックなど213隻が展示された。

テーマは「海・心満たされる時間」。若年層など新規顧客層獲得に向けて、17時以降の女性の入場を無料にするなど、新たな取り組みが行われた。パシフィコ横浜南方約10㎞にある横浜ベイサイドマリーナでは、体験操船などが実施され、218名が参加した。


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る