妊婦とその家族が1万5000人来場「マタニティ&ベビーフェスタ」

▲昨年は3万人が来場した

マタニティフィットネスの周知に力を注ぐ

妊娠中の女性に適度な有酸素運動を指導するインストラクターが2000人所属する、日本マタニティフィットネス協会(東京都目黒区)は、4月8、9日に、「第13回マタニティ&ベビーフェスタ」をパシフィコ横浜で主催する。

来場者3万人のうち、妊娠中の女性とその家族が半数以上を占める。出展者にはベビー用品メーカーだけでなく、住宅メーカーや保険会社も名を連ねる。昨年は89社235コマの展示ブースが並んだ。今年はさらに規模が拡大される見込みだ。13回目の今年は、イベントの原点に戻り、マタニティフィットネスの周知に力を注ぐ。今回からイベントを統括する中尾淳氏は、メディア向けのPR活動に注力した。

会場では、協会に所属するインストラクターによる体験講座や、出展企業によるセミナーが27講座開かれる。出産後の父母に向けたものもある。入場は無料だ。

日本マタニティフィットネス協会(東京都目黒区)の中尾淳氏


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. lemask
ページ上部へ戻る