IoT開発23社が製品紹介

KADOKAWA(東京都千代田区)のアスキー・メディア・ワークスは、3月21日にIoT関連機器の展示会『IoT&H/W BIZ DAY3』を開催する。IoT機器やサービスを開発するベンチャー企業らが出展し実機によるデモ展示を行うほか、識者によるビジネスカンファレンスも実施される。

同展示会はIoT機器の開発を手がけるベンチャー企業とのマッチングや交流の場として、2015年から年に1度開催されている。3回目となる今回は会場規模と展示ブースを拡大し、より多くのIoT製品に直接触れることができるようになった。

出展者数は23社(17日現在)。さくらインターネット(大阪市)が今年春にサービス開始を予定する、データを送受信するための通信環境と保存・処理に必要なシステムを一体で提供するIoTPlatformの概要を発表するほか、Secual(東京都渋谷区)が窓やドアに小型センサーを貼ることで侵入などを検知するホームセキュリティサービスを展示する。

会場は東京都文京区のベルサール飯田橋ファースト。展示ブースへの入場は無料だが、ビジネスカンファレンスへの参加は別途費用がかる。

IoT&H/W BIZ DAY3
会 期:3月21日(火)
会 場:ベルサール飯田橋ファースト
入 場:無料(一部有料)


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る