長谷川遼平のイベント取材日記(9)

「ビッグサイト離れ」進むのか

一般社団法人新日本スーパーマーケット協会(東京都千代田区)が主催する「スーパーマーケット・トレードショー」に行ってきた。今年から東京ビッグサイトから幕張メッセへと会場を移したが、来場者は3日間で8万6768名と、昨年の9万518名からわずかに減少するにとどまった。

当社も展示会を主催する身なので、展示会場を移すことがどれほど大変かわかる。本当に集客できるかどうか、会を開いてみるまでわからない。

開催から数日後、同協会の島原康浩事務局長とお会いする機会があった。会場を移した理由を聞くと、原因が五輪開催に伴うメディア会場問題だったことがわかった。「おそらく、5年くらいはメッセで」。そんな島原さんの話ぶりを見ていたら、今後ビッグサイト離れが進むのではないかと感じてしまった。

取材でたくさんの主催者に会うが、必ずビッグサイトの話題に触れることになる。会場を近隣に移すにしても、幕張メッセやパシフィコ横浜は現状で既に稼働率が高く、ビッグサイトからの移転組の相談も殺到していると聞く。島原さんには「うちみたいに早めに動いちゃうべきだったかもね」と言われたが、返す言葉がない。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る