燕三条ブランドを海外にも広めた30年の出展【海外バイヤーつかまえた】ナガオ

 
  • 2019/12/19

ナガオ(新潟県燕市)
@ 東京インターナショナル・ギフト・ショー

東 京 イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル・ ギ フ ト・シ ョ ーの会場写真
▲人気の燕三条ブランドのテーブルウェア

 キッチン雑貨メーカーのナガオ(新潟県燕市)は、海外バイヤーに向けた燕三条ブランドの認知度が高まったことで、海外との取引が増加している。燕三条ブランドを掲げ「東京インターナショナル・ギフト・ショー」に出展を始めたのは30年以上前からだ。「燕三条の高品質金属というブランドイメージが海外バイヤーに響いた。地道に展示会に出続けたことで、認知につながったと考えている」(長尾哲宏代表)。ここ数年は「国際雑貨EXPO」にも出展している。

 取引先が多い国は、韓国、中国、香港、台湾だ。欧米など他地域のバイヤーも興味は示すが、物流体制が障害となり成約につながらないことが多い。年商に占める海外売り上げは3割に達するが、これまで海外展示会の出展は一度もない。

 海外の主な購入層は所得水準の高い人だ。輸送コストが商品代金に乗る分だけ、日本市場の1.5~2倍の価格で取引されるからだ。それでも品質に対する信用がある日本製品の人気は高い。燕三条ブランドのテーブルウェアを求める海外バイヤーが、ネットを介して問い合わせてくるケースも増えてきた。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめ記事
中国人バイヤーとの取引好調 不動技研【海外バイヤーつかまえた】

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

最近の記事

今後の展示会おさらい

  1. 2019-7-10

    小売店のデジタル化商材に関心大 @ Interop Tokyo(インターロップ東京)

    展示会名:Interop Tokyo(インターロップ東京)2019 会期:2019年6月12日(水…
  2. 2019-4-10

    リサイクル技術求め行政関係者が来場 @ NEW環境展

    展示会名:NEW環境展 会期:2019年3月12日(火)~15日(金) 会場:東京ビッグサイト東 …
  3. 2019-3-25

    海外バイヤー ニッチ食材にも注目 @ FOODEX JAPAN

    展示会名:FOODEX JAPAN(第44回 国際食品・飲料展) 会期:2019年3月5日(火)~…
  4. 2020-11-10

    広告用動画を求める企業が多数集まる @コンテンツ東京

    展示会名:第10回 コンテンツ東京 2020 会期:2020年10月21日(水)~23日(金) 会…
  5. 2020-12-27

    感染予防対策にも求められる効率化 @CareTEX 大阪

    展示会名:第5回 CareTEX(ケアテックス)大阪 2020 会期:2020年11月18日(水)…
今後1~3カ月に開催予定の展示会を過去記事で紹介しています。
ページ上部へ戻る