マンション省エネのススメ 政府補助金の紹介も

一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会(東京都中央区)は9日、マンションの省エネ改修の提案セミナーを開催した。会場は文京区の『すまい・るホール』。時間は13時から16時15分まで。参加費は無料で、定員は280名。

会場では3つのセミナーが開かれる。国交省住宅局による省エネ改修工事の際に受けられる補助金の紹介のほか、窓や玄関といった開口部の省エネ改修事例の紹介が行われた。

同協会によると、全国623万戸のマンションのうち、約44%が築20年以上の物件だ。こうした物件は、高経年化に伴い室内の寒暖差による結露やカビ・ダニの発生が激しくなる問題があり、政府は省エネ改修工事を推奨する補助金などを付与している。

こうした問題を受け、同協会は昨年から、管理会社や設計事務所などを対象に、省エネ改修の提案を行うセミナーを開始している。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る