長谷川遼平のイベント取材日記(8)

成功者は靴を磨く

『エレクトロテスト・ジャパン』でヤマハ発動機(静岡県磐田市)のブースを訪れた際、営業マンの靴がピカピカに磨かれていたのに目を引かれた。西杏介さんという若い男性で、ハキハキとした物言いをする人だった。

靴の話になると、東証マザーズに上場するクラウドワークス(東京都渋谷区)の吉田浩一郎社長が頭に浮かぶ。彼は大学卒業後、パイオニアに就職し、その後、リード・エグジビション・ジャパンを経て、独立した。リード時代には、出勤してから石積忠夫社長の訓示を聞くのが日課だったという。

訓示の中には「なぜ靴を磨かなければならないか」という内容があった。同社は身だしなみに特に厳しく、だらしない格好をしていると指摘されることも多かったという。

たしかに、リードという会社は、石積社長だけでなく、社員一人ひとりがきちんと身だしなみを整えている。『住宅・都市イノベーション総合展』でお会いした田中岳志取締役の靴も、ピカピカに磨かれていた。

石積社長いわく、成功者は自分の足元に気を使い、人の足元も見る。多数の人と出会う展示会だからこそ、身だしなみには気を使わなければいけないのだと、西さんとの出会いで思い出させられた。


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る