自動車事故のように、銃乱射事件を消費してしまう日が来やしないかと不安になる。
ロサンゼルスのバーで元海兵隊員の男が銃を乱射し、12人の命が奪われたというニュースだ。
帰り支度を済ませて手に取ったスマホに速報が表示されたが、またか、以外の言葉が浮かぶことはなく、その場ですぐに画面を閉じた。
世界中から手のひらに情報が届く。凄惨な事件に思考をめぐらせようとしていたら、すぐに次の事件がやってくる。
奪われた命の数にしか関心が向かわない日も、少なからずあるのだ。
産休中の社員が、首が座ったばかりの子を連れて会社を訪ねて来たのは、同じ日の朝のこと。幼子がしゃくりあげた泣き声が、バタバタと慌ただしい事務所の時間を止め、晴れやかなニュースとして胸のあたりに残った。
体温を届ける仕事をしようと思ったはずだったが、危ない、もう少しで忘れるところだった。

特集【365】へ

【365】サウジアラビアを覆う暗雲


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る