東京ゲームショウ2018

開催概要
会 期:9月20日(木)・21日(金)(ビジネスデイ)、22日(土)・23日(日)(一般公開)
会 場:幕張メッセ1~11ホール、イベントホール、国際会議場
主 催:一般社団法人 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共 催:日経BP社(ドワンゴが特別協力)
出展者数:668社
来場者数:29万8690人(昨年24万4311人)

目立つ海外来場・出展

41の国と地域から過去最多の668社が出展した。ゲームの出展タイトル数は1568。

今年2月に一般社団法人日本eスポーツ連合が立ち上がるなど話題のeスポーツを特集した大型ステージ「e―SportsX」では、対戦型格闘ゲームや対戦サッカーゲームなど国内トッププレイヤーの対決が繰り広げられた。

会場内で目立ったのはモバイルゲームで、出展タイトル中スマートフォン向けゲームは3割に拡大。ユーザー1人当たりのスマホゲームの課金額が世界1位の日本市場は外資企業からも注目されており、海外からの来場者や出展者が増加している。

東京ゲームショウ2018どうだったの??
出展社に聞く『今回、どうだった?』
▼▼▼▼▼

エム・ビー・エーインターナショナル(東京都世田谷区)

展示会に合わせて新作リリース

過去2回の出展ではインディーズゲームコーナーに0.5小間で出展したが、あまり反響はなかった。今回は女性向けモバイルゲームでロマンスゲームコーナーに出展。大手出版社やゲーム会社から仕事の依頼やコラボの話を頂いた。ビジネスデイだけで約100枚名刺交換できた。


エビリー(東京都渋谷区)

初出展の昨年より手応えあり

ユーチューブなどソーシャル動画データの分析サービスを出展した。昨年、初出展で成果が上がったので、今年も同じ2小間で出した。ゲーム会社が多く来場する「コンテンツEXPO東京」「Next Marketing Summit」などの展示会にも出展しているが、「東京ゲームショウ」の集客が最も多い。今回は、ユーチューバーでプロモーションをするゲーム会社と出会えた。ブースが出入り口付近だったせいか、昨年よりも足を止める来場者が増えた。満足度は80点。


Brushup(大阪市)

既存客フォローする場

実利につながるのは「CEDEC」や「コンテンツEXPO東京」。ゲーム業界はもちろん広告やアニメ制作会社など、イラストやデザインが必要な業界の人が広く来場する。一方、ここは業界の人があまり来場しないので、既存客へのあいさつや知名度アップが目的。


ビーズ(大阪市)

量販店の担当者目立った

ゲームに特化したイスなど家具販売を手掛けていて、代理店や量販店、ネットショップとの接点に期待して出展した。今回は家電や家具の量販店が多かった。メディアやテレビの取材も来ていて、PRできた。かなり手応えを感じている。


真善美(埼玉県ふじみ野市)

家電量販店と濃い話

ゲーム用チェアのネット販売を開始したところ、「実際に座りたい」との要望を多く受けたので初出展した。ビジネスデイで商品を置いてくれる店舗や量販店を探したところ、大手家電量販店や外資系スーパーの担当者と内容の濃い話ができた。名刺交換は50件近く。期待できそうな案件が5社くらいあった。


アクア(東京都中央区)

出展すること自体に意味

イラスト制作の受注を目的に出展した。今回はソニーやコナミ、セガなど大きなブースがそばにあるため、人は多いものの当社のブースが目立たず、ほとんどの人が素通りしてしまう。出入り口付近にブースを構えた昨年の方がブース来場者は多かった。それでもゲーム会社とつながりができたり、広告会社からマンガやキャラクター制作の話を何件か頂いたりと収穫はあった。大満足ではないが、まあまあといったところ。さまざまな情報が得られたり、横のつながりができたり、認知度向上につながるので、目先の業績よりも参加すること自体に意義があるイベントだと思う。


リンク(東京都港区)

名刺交換の枚数昨年の倍に

サーバー関連サービスを手掛けている。出展の目的は見込み客探し。実際、開発現場に携わる技術者と名刺交換することができた。昨年はビジネスデイ2日間で150枚だったが、1小間から2小間に増やした今年は名刺の数が倍増した。ブース前で集客する人と説明する人の役割分担を明確にしたのも名刺数の増加につながった。満足度は90点。


ソフトギア(東京都新宿区)

ゲーム関連以外の来場者の姿も

高速で大量のメッセージを処理するオンラインゲーム開発向けのサーバソリューションをPRした。主な目的は新規顧客の開拓。自動車関連の来場者など、ゲーム業界以外の人がヒントを探して来場するケースが目立ったと感じる。製品をバージョンアップし価格も下げたせいか、昨年よりも感触が良い。名刺交換は、私一人だけで100枚くらい。スタッフ全員分を合わせたら1000枚近いだろう。


ピグミースタジオ(大阪市)

業界全体にチャンス

ビジネスデイは、提携先や海外PRへのパッケージ販売、パブリックデイはブランド認知が目的。最近は海外からの来場者が目立つ。ゲームのエージェントや、一部のデザイン・プログラムを請け負うといった売り込みも多い。日本人のゲームアプリの課金率が高いこともあり、特にアジアでは「東京ゲームショウに出たい」という熱が年々高まっていると感じる。モバイルゲームが伸びているが、家庭用ゲームのシェアも減っているわけではない。単純にゲームで遊ぶ人の層が増えた印象。そのぶん、海外メーカーも含めて業界全体にチャンスが増えている。

出展者が挙げた競合展示会

コンテンツEXPO東京
2019/4/3~5 @東京ビッグサイト 主催:リード エグジビション ジャパン

Next Marketing Summit 2019年 未定

BitSummit KYOTO 2019年 未定

CEDEC(セデック、Computer Entertainment Developers Conference)
2019/8 詳細未発表 @パシフィコ横浜 主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る