▲市場拡大が見込まれるアジアへの出展を続ける富士電機

富士電機(東京都品川区)
@Food & Hotel Indonesia

近年、アジア各国においても人件費の高騰から、自動販売機の普及が進んでいる。中国では、2011年に約1万台だったのが15年に15万台へ急拡大した。20年には140万台まで増加する見通しだ。

富士電機(東京都品川区)は自動販売機製造において国内トップシェアを誇っており、年商9000億円のうち約15%を食品流通部門が占める。海外事業担当の崔一川氏は「アリペイ、ウィーチャットペイなど電子決済が普及し、自動販売機導入に向けた追い風が吹いている」と話す。

だが、今のところ、海外売り上げは全体の2割程度だ。アメリカでは治安の低さから維持・管理が困難だ。欧州では景観維持を理由として導入が進まない。中国では、偽札が多いことから自動販売機が普及しづらいという背景もあった。

それでも、海外市場を開拓するのは国内が飽和状態にあるからだ。日本における自動販売機の設置数は約490万台。対して、韓国が4万台程度で、市場の拡大が期待されるため、やはり目は外に向かってしまう。

海外の展示会に出展をはじめたのは2010年からだ。インドネシアの「Food & Hotel Indonesia」、上海の「上海新国際博覧中心・中国無人小売大会」、米国のSCAA(Specialty Coffee Association of America )の展示会に出展した。


特集【海外展示会挑戦記】はこちら

VR人気欧米が先行、経験豊富なユーザーの声求めて【海外展示会挑戦記】

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る