▲ゲームデザイナーの永田峰弘さんは、「Laval Virtual」と「東京ゲームショウ」での反響を盛り込み、「VoxEl」を来年夏にリリースする予定だと話した。

ディー・エヌ・エー(東京都渋谷区)
@Laval Virtual(仏)

モバイルゲーム開発のディー・エヌ・エー(東京都渋谷区)は、VRコンテンツ制作に強いあまた(同新宿区)と共同で、4月、フランスのVRフェス「Laval Virtual」に初出展した。

出展の狙いは、開発中のVRゲーム「VoxEl」の反応をみることだ。日本よりVR市場が活発な欧米でも売り出したいと考えており、海外ユーザーの声を聞く機会を求めた。「開発者だけだと新しいアイデアが出ないので、制作途中だが出展した。VR経験が豊富な人たちから反響が得られて有意義だった」(ゲームデザイナーの永田峰弘さん)。

日本のVR市場は端末が高額で停滞しているが、展示会での反応をみて「VoxEl」を来年リリース予定だ。PCゲーム用として制作しているが、PlayStation VRへの対応も検討している。

展示会にはディー・エヌ・エーから3人、あまたから2人が参加した。日本からはゲーム会社の出展は見られず、教育や学会関連の企業が目立った。

Laval Virtual」は18年前に始まり、現在はビジネスデーとパブリックデーが設けられ、マイクロソフトやグーグルなど世界的IT企業が出展する世界最大のVRイベントになった。


特集【海外展示会挑戦記】はこちら

ゲームで海外狙うなら台湾から ユナイテッド(東京都渋谷区)【海外展示会挑戦記】

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る