▲これまでは「HR EXPO」「ヒューマンキャピタル」「HRサミット」に出展してきた

カケハシスカイソリューションズ/@メディカルジャパン

▲「離職率防止という課題を最も抱えているであろう業界」と医療業界に注目して出展した、中野祐介マネージャー(33)

カケハシスカイソリューションズ(東京都新宿区)は「メディカルジャパン」にて、自社の採用支援・離職率防止サービスをPRした。同社のサービスは、採用、研修、組織活性といった中小企業の採用課題を解決するもので、ターゲットは業種を問わず、幅広い中小企業だ。

人事系の展示会にはこれまでも出展してきたが、今回はあえて避けることにした。何年も連続で出展すると来場者が偏り、業態やサービスによっては出展効果が薄れてくる。そのため、今回は業界を外して出展した。

「人の採用、離職率防止という課題を最も抱えていると思われる医療・介護業界の展示会を選んだところ、非常にうまくいった。人事担当者が来ない代わりに、普段は出会えない施設長や経営者がブースに立ち寄り、内容の濃い話ができた」(中野祐介マネージャー)

展示会以外では無料セミナーで集客している。リスティング広告などウェブに注力した時期もあったが思い通りの成果が得られず、リアル中心の営業に変えた。その後成績は上り調子だ。「人の課題を扱うだけに、人と出会える場所が最も営業の場にふさわしいことが分かった。ウェブ広告で問い合わせを待つより、展示会に出展して会いに行く方が話は早い」(中野マネージャー)


特集【我が社の出展戦略】はこちら!

【我が社の出展戦略】分煙・喫煙ルーム体験させれば商談成立~マークプランニング~

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る