「アマゾンなんかと戦わねえべさ」青森に31店舗ある生鮮食品店、マエダの前田恵三社長に、人口減少やネット通販とどう戦うのか尋ねた。
生鮮さえ扱うようになったネット通販は、地元スーパーの脅威だと思ったが「東京の人はみんなそう言うんだもんね」
1つの店舗が相手にするのは5000人の商圏だった。青森でも海産豊富な海側と、保存食文化の山側では求められるものがまるで違う。総菜の味付け一つ間違えれば命取り。
住民の舌を知るマネージャーが商売の要だから、知らない土地に店を出すのは勇気がいる。
今年も2つ新店を出したが、競う相手はあくまで地元のスーパーだった。
そんな前田社長が、ベトナム進出を狙う。
業態を変えるのではなく、あくまで小売業での挑戦、地元に密着した地域住民のためのスーパーだ。
「10年はかかるよ」ベトナム人を社員に迎え、今一歩を踏み出した。

特集【365】へ

【365】嵐の前の前夜?今、変化の予兆が見え隠れしている


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る