ジャパン・インターナショナル・シーフードショー

開催概要
会 期:2018年8月22日(水)~24日(金)
会 場:東京ビッグサイト東5・6ホール
主 催:一般社団法人大日本水産会
併 催:すしEXPO、国際水産養殖技術展2018、鮮度流通技術展、フィッシュネクスト技術展事例
出展社数:835社
来場者数:3万4018人

水産業関係者が一堂に会す

水産卸・仲買、食品加工業、外食産業、鮮魚店、スーパー、宿泊施設、漁業協同組合、養殖業者、漁港、水産試験場、水族館、学術機関などの水産業関係者が来場する。

世界の漁業生産量はこの30年で2倍になる一方、日本の漁業生産量は半分に落ち込み、生産量世界1位から7位に転落した。世界では養殖生産が5割を占めるが、日本では2割。そのため近年は日本でも養殖の割合が増え、養殖業界が伸びている。

日本人1人当たりの年間水産物消費量が減少する中、電子レンジなどで簡単に調理できる水産物加工商品、いわゆる「ファストフィッシュ」の出展も目立った。

ジャパン・インターナショナル・シーフードショーどうだったの??
出展社に聞く『今回、どうだった?』
▼▼▼▼▼

GOT Japan(東京都中央区)

外国人来場者が少ない

新しい取引につながればと初めて出展したが、引き合いはさほどなかった。外国人の来場者が少ない。我々のような輸出業者が出る展示会ではないと感じた。
海外の展示会と比べて、運営がずさんな印象だ。試食のゴミの回収は展示会終了後のみ。ボストンでは開催期間中、定期的に回ってくれた。床のコンクリートがむき出しなのも気になった


魚常商店(滋賀県東近江市)

場所は厳しいが濃い商談できた

出展7回目。琵琶湖を中心とした淡水魚・貝類問屋を営んでいる。今回はブースの位置の問題なのか、人通りが少なくてイマイチな印象だった。会場入り口付近の端の死角で、目の前は海外のブースが並んでいたため、ほとんど目立たなかったのだと思う。もうちょっと人通りのあるところにブースを出したかったというのが正直な感想。
とはいえ濃い商談ができたので、出展したかいはあった。展示会や主催がどうこうというよりは、場所が大事というのは如実に感じる。満足度はまあまあといったところ。


イシカワ(大阪府大阪市)

開催が8月になり不便に

魚介・食肉・果実・野菜の輸入専門商社で、出展は6回目。
秋冬の取引に商談を間に合わせるには、7月いっぱいがギリギリ。8月の盆明け開催での商談では、取引が年明けになり、非常に不便。仕方なく出ているが、腹立たしい。


サンクレエ(北海道札幌市)

製品の改善点見つかった

食品卸・製造加工業向けの業務支援システムを展示した。日本企業のブースに囲まれた場所だったので集客しやすかった。
水産加工管理システムに興味を持ってもらえたが、現場はシステム化しにくい要求をする。どうシステムに組み込むかが課題。


高砂熱学工業(東京都新宿区)

流通の悩みはできた

空調技術を核とした設備工事業を手がけている。出展3回目の今回は冷凍保存機器を展示した。
猛暑だったので、鮮度を保ちづらく何とかしたいという声が多かった。川上の漁協から川下の店舗まで、流通の中のさまざまな悩みを聞けたのがよかった。特に物流に悩みを抱える店舗が目立った。
漁協は新しいソリューションに積極的なところと、保守的なところの二極化が進んでいる。そうした情報を踏まえて新サービスを開発したい。


東海シープロ(大分県佐伯市)

養殖はかつてない手応え

養殖魚介の加工・販売、養殖餌飼料の製造・販売を手がける。出展4回目だが、今回は外食関係の来場者が多かった。天然水産物の水揚げが減り、当社のような養殖に特化した会社を探す企業が増えているのではないか。引き合いもふだんより多かった。特に今回はクエとタマカイを掛け合わせたハイブリッド魚種の反応が非常に良かった。いままでにない手応えを感じた。


カネク(東京都青梅市)

既存客とつながりを深めた

わさびを主力とする食品メーカーで、出展は回以上。大規模な展示会のほか、取引のある問屋さん主催の展示会にも出展する。もっとも引き合いがあるのは「ファベックス」。今回は既存客や取引先さんが多く来場し、いろいろと情報交換できた。新規は、いくつかの企業にサンプルを送るところまで話が進んでいる。満足度はかなり高い。80点くらい。


東京食品機械(東京都中央区)

来場者数に不満

今回の来場者は水産加工の関係者が圧倒的に多く、あとは食品メーカーがちらほら。食品・医療・工業・家庭用品の包装、加工機械の輸入販売を手がけているが、今年は包装機の方の需要が大きかった。率直な感想は、もうちょっと来場者に来てほしい。出展社と交流できるのは良いのだが、やはり来場者にもっと展示を見てほしい。「FOOMA JAPAN」「JAPAN PACK」「TOKYO PACK」「スーパーマーケット・トレードショー」に出展した。最も手応えを感じたのは「FOOMA JAPAN」だった。

出展社が挙げた競合展示会

FOOMA JAPAN(国際食品工業展)
2019/7/9(火)~12(金) @東京ビッグサイト西1~4・南1~4
主催:一般社団法人日本食品機械工業会

JAPAN PACK(日本包装産業展)
2019/10/29(火)~11/1(金) @幕張メッセ
主催:一般社団法人日本包装機械工業会

TOKYO PACK(東京国際包装展)
10/2(火)~5(金) @東京ビッグサイト東1~6
主催:公益社団法人日本包装技術協会

スーパーマーケット・トレードショー
2019/2/13(水)~15(金)@幕張メッセ
主催:一般社団法人全国スーパーマーケット協会

ファベックス(FABEX)
2019/4/17(水)~19(金) @東京ビッグサイト西1~4
主催:日本食糧新聞社

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る