【365】嵐の前の前夜?今、変化の予兆が見え隠れしている

アメリカで有色人種の大統領が誕生し、小浜市で応援する会ができた。
後にヒトの歴史書がつくられたとしたら、ここから新しい章に変わるだろうと、能天気に光がさす時代の到来を感じていたあの頃から、間もなく10年が経つ。

その間、大半の時間を不動産市場の記者として過ごした。
前半は絞りカスからしずくを絞り出すような話を探して歩き、ある日一発バズーカが打たれると、お次はあなた、と、きらびやかな上場ストーリーを書く時期があった。

コチラに来てからその世界を見聞きすることは減っていたが、ここにきて、界隈があわただしい。
去っていく人、踏みとどまる人。そういえば、お次はあなた、と、倒産ストーリーが続いた時期もあったっけ。

今回、新しい章が始まる予感はないけれど、変化の予兆が見え隠れする。
嵐の前夜、3年目を迎えた本紙に、どうかこの先も変わらぬご愛顧を。


特集【365】へ

【365】この国が男性優遇社会であることだけは間違いない


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る