京都の宿泊施設で謎解き 謎解かないと鍵渡さない【見つけた!こんなイベント】(7/14~)

▲チェックイン時に渡されるのは、部屋の鍵ではなく「謎解き手帳」

京都の宿泊施設で謎解き 謎解かないと鍵渡さない(7/14~)

京都市で町家を使った宿泊施設を運営するレアル(京都市)が、チェックインすると謎解き手帳を渡し、謎を解けなければ宿泊先の鍵を渡さないという企画を7月14日に始めた。町家の保全活動や周辺地域の活性化を目指したもので、謎解きが京都の町家を散策させる仕掛けとなっている。制限時間の2時間以内に謎が解けなかった人には、寝袋を渡す。

宿泊費込みで5120円から利用でき、これまでに14組44名が参加している。謎が解けなかった人もいたが、実際はホテルのスタッフがヒントを出し手助けするため、今のところ寝袋で野宿をした人はいない。泊まりにきた目的を忘れ、ドキドキ感を味わえるため、参加者からは好評という。10月31日まで。


『見つけた!こんなイベント』はこちら!

六本木アートナイト2018 一夜限りの非日常【見つけた!こんなイベント】(5/26、27)

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る