フジタ(京都市)が作った、トイレの男女表示を樹脂で立体的に示す案内板

第60回サイン&ディスプレイショウ2018
・会期:8/30日(木)~9/1(土)
・会場:東京ビッグサイト西2
・主催:東京屋外広告美術協同組合
・併催展示会:第53回関東地区連広告美術コンクール
・出展者数/出展小間数:128社/324小間

海外からの出展企業10社超~サイン&ディスプレイショウ~

ミマキエンジニアリング (東京都品川区) 営業本部柄澤優奈氏(25)

看板、印刷、広告業関係者の展示会「サイン&ディスプレイショウ」にアジアから10社超が出展した。中国・台湾・香港から出展しており、海外出展企業の数では中国が一番多かった。主催の東京屋外広告美術協同組合(東京都墨田区)は中国向けのプロモーションを行っておらず、出展企業がホームページや口コミで調べて出展申し込みをしたようだ。だが、日本語が分からない人が多く、事務局も中国語や英語対応ができないため、苦労があったという。

日本の出展者からは、「今年は来場者の数が盛り返した」いう声が多く聞かれた。数年前まで、ビッグサイト西館すべてを使っていたが、昨年は西1だけになりここ数年は縮小傾向を感じていた出展者が多かったようだ。

アクシア(東京都台東区)
今泉秀幸社長(55)

ミマキエンジニアリング(東京都品川区)のブース来場者はサイン・看板業者が7割で、印刷関連が1~2割だった。名刺獲得数では一日250人くらいで昨年と同程度だが、会場全体で見ると「昨年より多くなっているように感じる」(柄澤優奈さん)という。

▲アート清水(山形県山形市)の木彫り看板と清水政弘社長(72)

学校教室の廊下側にクラス名を表示するサインでトップシェアを持つフジタ(京都市)の髙井慶一さんも来場者の増加を感じた。設計事務所や看板製作会社が多く、金物資材販売会社の姿も見られたという。少子化の影響で教室用のサインも受注が減っていることから、トイレの男女表示を樹脂で立体的に示す案内板を展示した。

木彫り看板を出展したアート清水(山形県山形市)には、看板製作関係者が多く集まった。全国チェーンとの仕事も多く、飲食店など全国に商品を納めているという。

4m×3.8mの大型LEDパネルを展示したアクシア(東京都台東区)は、今回初出展だった。建築デザイナーや広告関連の

パック(東京都板橋区)
篠 和樹氏(38)

来場者が多く、カタログが二日で500部以上出たことに今泉秀幸社長もまずまずの手応えを感じていた。

デジタルサイネージを展示したキヌガワ・パック(東京都板橋区)も一日150枚程度の名刺交換した。カタログ一式を持っていく来場者の姿も見られた。


関連記事はこちら

DM発送の課題 解決策は選挙演説で聞け【集まるブース】

販促EXPO~出展社に聞く「今回どうだった?」~


Gotou
国際イベントニュース 編集部 後藤 豊

2017年全国賃貸住宅新聞社入社。「国際イベントニュース」企画開発部所属。インバウンド集客に必要な商材、海外に進出する企業向けサービスを中心に情報収集。趣味は読書。自宅に溜め込んだ蔵書は4500冊を越え、かねてから妻との懸案材料となっている。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る