スマホ・タブレットを使ったアプリで、小売り・流通店舗の業務を軽減する商品を紹介する。

NEXPO(ネクスポ)

レジ機能をアプリで

―DATA―
【会社名】:ユーエスエス
【住所】:東京都港区
【販売ターゲット】:アパレル・雑貨等の小売店、新規開業店舗
【価格】:月額980円~

iPad用のアプリで提供されるPOSレジ。在庫管理・顧客管理・売上管理ができる。棚卸し・入庫・出庫・店舗間移動などの在庫管理機能では、現在の在庫把握をリアルタイムで行える。店舗の正確な売り上げをWEB画面で把握できるため、店舗の外からでも、常に店舗の状況を確認することができる。


WeChat Pay

国内代理店として販売支援も

―DATA―
【会社名】:インタセクト・コミュニケーションズ
【住所】:東京都千代田区
【販売ターゲット】:小売・流通、中国人観光客の誘致を目指す自治体など
【料金】:非公開

中国人観光客向けの決済サービスWeChat Payの国内代理店。2017年から営業スタートし、現時点での導入店舗は約5000店舗。WeChatを使い集客して売り上げを上げるコンサルティングサービスも提供。地方自治体への提案も強めており、北海道函館市の「道の駅 北前船 松前」に導入された。


Yappli(ヤプリ)

簡単・安価にアプリ作成

―DATA―
【会社名】:ヤプリ
【住所】:東京都港区赤坂
【販売ターゲット】:小売・アパレル・流通・メーカーなどのマーケター
【料金】:非公開

スマートフォン用のアプリを、定型フォーマットから機能を選び、開発・運用できる。アプリをダウンロードした利用者の分析も可能だ。アパレル、EC、店舗販促用のアプリ、あるいは、企業のオウンドメディア、新卒採用の情報発信と問い合わせ情報の管理といった目的で250社以上に導入されている。


おすすめトレンド商品はこちら!

トレンド商品「Oyraa」「Raklu」「App Ape」「チャットプラス」


Gotou
国際イベントニュース 編集部 後藤 豊

2017年全国賃貸住宅新聞社入社。「国際イベントニュース」企画開発部所属。インバウンド集客に必要な商材、海外に進出する企業向けサービスを中心に情報収集。趣味は読書。自宅に溜め込んだ蔵書は4500冊を越え、かねてから妻との懸案材料となっている。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る