▲職場の環境を改善するアロマ・ディフューザーのリースを出展したエムジーホールディングス

中小メーカー集まって新会社~会場立ち話~

アロマオイルの輸入・製造メーカーをグループに抱えるエムジーホールディングス(名古屋市)が、働き方改革EXPOで展示したのは、アロマ・ディフューザー月額9800円リースという商品。1カ月の無料レンタルを打ち出したところ、100社以上と契約を結んだ。「出だしは好調」と小林博信事業マネージャーは話す。

創業3期目の同社は東海圏の製造業系中小企業が集まった新会社だ。新しいメーカーとしてグループシナジーを生かし個別企業では作れなかった新商品を開発する。ディフューザーのリースもその一例で、サロンやホテルなど一部の専門業者にだけ卸していた商品を、職場環境を改善する商品として打ち出した。

東海地区はトヨタ系をはじめ、大手製造業に人材の大半を持っていかれてしまうことから、グループとして海外の学生の採用にも力を入れている。


会場立ち話はこちら

80人が一度に接続できるWi‐Fi~会場立ち話~

国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る