TKC PROGRESS(タイ)@機械要素技術展【日本で何狙う?】

▲マニーラットさんはタイで週に一回日本語専門学校に通っている

TKC PROGRESS(タイ)
@機械要素技術展

日本市場開拓は5年前から、コツコツと

OEMの企業開拓で出展した。東京と名古屋の機械要素技術展に4年前から出展し、日本では2社と取引がある。だが、取引額はまだ数百万円。同業が多く、差別化が図れない。

業界的な価格はタイと中国が同レベルで並んでいるという。今回は「中国の工場でのトラブルが多いため、別の地域に製造拠点を移転したい」という話が目立った。3社が興味を示したという。

マニーラットさんが日本の展示会に来たのは5回目。日本語のリズムや響きに興味を持ち学生時代は日本語を専攻。日本の展示会担当になってからは週に1度、日本語専門学校に通いながら日本語を学ぶ。


特集【日本で何狙う?】へ

http://ev-news.jp/?p=10237

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る