▲来場者を呼び込む仕掛けがつまったブース

ホールの奥でも人が集まる仕掛け【集まるブース】

アマノ
(横浜市)
川野武彦係長(45)

インターフェックス」に出展したアマノ(横浜市)のブースは、出入り口から離れたホールの端にもかかわらず、多くの来場者を呼び込んだ。勝因は3つある。

1つ目は、ブースの高さを3.5mにしたことだ。会場の奥でも存在をアピールできた。「2.7mの高さ制限を設ける展示会が多いなか、リードの展示会は高さ制限が緩やか。来場者のために華やかな装飾を求める主催者の姿勢を感じる」(川野武彦係長)。また、黒を基調に展示物を飾る台を赤にするなど、色合いにメリハリを持たせた。

2つ目は、スタッフをブースに待機させ、人が集まっている雰囲気を演出したことだ。満遍なく人がいる状態をつくるために、スタッフのシフト表を作成した。

3つ目は、展示物とモニタの位置、スタッフの立ち位置など、ブース内の物と人の配置に注意を払ったことだ。展示物はスタッフや動画による説明を必要としたため、来場者が疑問を抱くタイミングで声をかけるように計算した。

施工会社はエムズ・コミニカ(さいたま市)だ。3年前まではコンペで決めていたが、最近は採用率が高かった同社に依頼する。


特集【集まるブース】はこちら!

アウトドア用品店から着想【集まるブース】

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る