CAFERES JAPAN2018

開催概要
会期:2018年6月13日(水)~15(金)
会場:東京ビッグサイト 西3、4
併催:Pizza&Pasta Show 第2回インターナショナルティーショー
主催:TSOインターナショナル
出展者数:380社

喫茶店やレストランオーナー集まる

喫茶店やレストランのオーナー層が集まる展示会として、6年前に始まった「カフェ・喫茶ショー」を軸に「Pizza&Pasta Show 2018」「第2回インターナショナルティーショー」で構成される。ピザ、ベーカリー、デリバリーなど出展対象は広がりつつあり、展示会の規模は拡大している。コーヒーマシン、ピザ窯、オーガニック健康嗜好(しこう)食品に注目が集まる半面、簡単操作、小型化、省力化など効率性を売りにした機器が増えており、業界全体に人材不足が深刻化する様子も垣間見えた。

CAFERES JAPAN2018どうだったの??
出展社に聞く『今回、どうだった?』
▼▼▼▼▼


BXテンパル(東京都豊島区)東日本営業本部

相談が具体的

文化シヤッターグループのオーニング(日・雨よけ)メーカー。昨年の初出展に続き2回目の出展。「自分の店にテラス席を作りたい」など、具体的な相談に来る人が多い。その場でマッチして会場からすぐに現場へ向かうケースもある。空間デザイナーが興味をもってオーナーに紹介してくれるケースもある。ほかにも「建築・建材展」などに出展している。


大紀商事(大阪市)営業部

数はともかく層は良い

ドリップパックやティーバッグフィルターの専門メーカー。初出展。東ホールで開催する「食品機械工業展」に出展したかったが、キャンセルが出ず断念。カフェ業界なら関連はあるとみてこちらに出展した。数はともかく層はズバリだ。出展者にも取引先はあり、来場者も商品の価値を理解できる人が予想以上に多く驚いている。「JAPANPACK」「TOKYOPACK」にも出展する。


フジマック(東京都港区)営業本部 市場開発部

パンも提供したいカフェ店主多い

業務用調理機器大手。新規開店を考えている人、カフェやベーカリーのオーナー層が多く訪れている。東ホールで開催中の「食品機械工業展」にも出展しているが、カフェレスはターゲットが絞れて、効率的なプロモーションができる。自動化、省力化、省スペース化製品の需要が多く、それらに応えた新製品を中心に出品。カフェで自家製焼きたてパンを提供したい、メニューを増やして客単価を上げたいという人が多かった。チェーン店も個性で差別化を図っている。


【来場者】SPLENDOR COFFEE(東京都台東区)

ヘルシー志向鮮明に

東京・浅草のカフェ店店長。海外の動向やメニューのヒントとなる情報が見つかればと思い来場した。グルテンフリーの流行をはじめ、業界のヘルシー志向を感じる。「SCAJ」もコーヒー専門展としては有益だが、カフェレスはベーカリーやピザ関連もあり、分野としての専門性と関連性がちょうど良い。これ以上出展分野が広がってしまうと、余計な情報が目について、会場が回りにくくなってしまうから。


ASIAMIX(東京都足立区)

費用対効果は得られる

3回目。米国・シアトルのAlayer社製最高級エスプレッソマシンを出品。京都に経営するカフェのバリスタがドリップ実演した。通常、プロモーションのメインはSNSだが、カフェレスは、喫茶店オーナーと直接コンタクトが取れ、マシンも売れ、費用対効果は十分に得られる。「SCAJ」と比較すると来場者が少ない。商品の搬入出、ブースづくりなどもほぼ社内スタッフで行い、準備にかかるスタッフの負担も大きいので次回出展するかはわからなかったが、販売が好調のため、来年も出展することを決めた。


エチオピア大使館 サラムストア(アジアトレーディング貿易)

次回はもっと大きな小間で

初出展。本業は、エチオピア産コーヒー豆の輸入・卸売業。その傍ら、東京・葛飾区で喫茶店を営む。大使館の要請で、飲食店オーナーや輸入商社に向けて、エチオピアコーヒーの魅力を伝えるために出展した。来場者は、他にない物、新しい物を探そうという意欲が高い。コーヒー好きの喫茶店オーナーが多く訪れ、豆の特徴やいり方を熱心に聞いてくる人が何人かいて、良いつながりがもてそうだ。「SCAJワールドスペシャルティコーヒーカンファレンスアンドエキシビション」にも大使館として出展しているが、カフェレスの方が手応えがある。次回出展するかは、大使館との相談だが、もっと大きな小間でアピールする価値はあると思っている。


にしき食品(宮城県岩沼市)営業部

OEMの売り込みは成果出ず

初出展。レトルト食品専門メーカー。カフェなど外食業界に向けた、OEM供給の新規開拓が目的。今回は、カフェなどのオーナーといろいろな話はできたが、この層にOEMを売り込むのは難しく、期待していた成果は得られていない。「スーパーマーケット・トレードショー(SMTS)」「ギフト・ショー」「ファベックス」などに出展している。ファベックスもOEMで出展しているが、SMTSとギフトでは自社ブランド商品を展開している。

 


出展者が挙げた競合展示会
・食品機械工業展(FOOMA JAPAN)
6/12~15 東京ビッグサイト東1~8 主催:日本食品機械工業会
・ワールド スペシャルティコーヒー カンファレンス アンド エキシビション(SCAJ)
9/26~28 東京ビッグサイト西3・4 主催:日本スペシャルティコーヒー協会
・スーパーマーケット・トレードショー(SMTS)
2019/2/13~15 幕張メッセ全館 SMTS実行委員会
・ファベックス
2019/4/17~19 東京ビッグサイト西1~4 日本食糧新聞社
・東京インターナショナル ギフト・ショー
9/4~7 東京ビッグサイト全館 ビジネスガイド社

 

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る